練馬区西武池袋線中村橋駅近インドアゴルフ オーストリッチゴルフスタジオ

ネットでカスタムクラブを購入する際の注意

GTDドライバーの修理・調整

今回はGTD455ドライバーを他店のネット販売でご購入されたお客様。

ネット販売で購入したため、相談・修理できるところがなく、GTD455の取り扱いをしている当店にご来店いただいたようです。

内容は、リシャフトや各シャフトメーカーの特性についてのご相談でした。

まず、現状のクラブスペックを計測させていただきました。

  • シャフト フジクラSPEEDER 661EVOLUTION TS(フレックスS)
  • レングス 45インチ
  • バランス C6
  • 総重量 308g

シャフトは、お客様ご自身で重量、トルクなどを調べてSPD661EVO TSを選んだそうです。

gtd-repair1606-2

gtd-repair1606-3

お客様の持ち球はドローボール。

しかし、お客様の感じでは「シャフトがしなっている感じがなく、ヘッドがまったく返ってこないのでスライスかプッシュスライスしか出ない」ということでした。

当店では弾道測定機とスイング撮影機があるので、実際に何発か打っていただきました。

その計測データやクラブスペックから原因を探りました。

原因はおそらく、クラブの総重量はそこそこあるのにバランスC6というレディースクラブ並みの軽さのせいではないかと思いました。

クラブバランスのスイングへの影響

バランスが軽いとスイング中ヘッドの重さが感じられず、シャフトがしならないので棒を振ってるように感じるのです。

話題のGTD455ヘッドも、これでは十分性能が発揮されません。

ネットで購入する際、シャフトや長さの指定はしたが、バランスの指定はしなかったそうです。

そのため、「C6」というレディースクラブのようなバランスになってしまったのかもしれません。

性能のいいヘッドやシャフトも、ちょっとしたことで、その性能を台無しにしてしまうことがあります。

カスタムクラブでは、クラフトマンとしっかり相談しないとこのようなことが起こります。

応急処置

抜本的な解決にはリシャフトが必要かと思いましたが、購入したばかりなので、リシャフトは見送り。

まずは、安価な応急処置としてシャフト伸ばし(1インチ)し、45インチを46インチにさせていただきました。

それによりバランスはC6からC9になりましたが、理想とするバランスまでは出ませんでした。

あとは、お客様がお持ちのGTDのウエイトキット(2g、4g、6g)で調整していただき、様子をみることに致しました。

GTDヘッドの標準ウェイトはトゥ側が2g、ヒール側が6gなので、トゥ側を4gか6gに付け替えるという調整ができます。

「シャフト伸ばし」の注意点

今回、「シャフト伸ばし」をしても、十分バランスがでなかったのは、理由があります。

「シャフト伸ばし」は、継ぎ足す際の接着剤や部材のせいで、同じ長さの未加工のシャフトと比べて、シャフトエンドが若干重くなってしまうからです。

つまり、「シャフト伸ばし」は万能ではないので、「シャフトを短くして合わなかったら、伸ばせばいいや」という考えはしないほうがいいでしょう。

シャフトを短くすると、当然振りやすくなりミート率がよくなりますが、バランスや総重量に大きく影響しますので、クラフトマンに相談するのが適切かと思います。今回のようなカスタムクラブの場合も同様です。

gtd-repair1606-1