練馬区西武池袋線中村橋駅近インドアゴルフ オーストリッチゴルフスタジオ

ゴルフは簡単なスポーツではないはずなのに

松山選手、日本人最高位

全米オープン2017が終わりました。

松山選手は惜しくも、優勝のケプカ選手とは4打差の2位でした。青木功JGTO会長と並ぶ、メジャーでの日本人選手の最高位。世界ランキングも2位になりました。

松山選手が最終日あがった時点では、ケプカ選手とは2打差。これはもしかして優勝もあるかも、と日本中のゴルフファンが思ったことでしょう。

惜しくも2位でしたが、プレッシャーのかかる後半にバーディーを重ね2位以下を突き放したケプカ選手もあっぱれでした。

誰もが言うように、いつメジャー制覇してもおかしくないところまできていますね。

ほんとにすごいですね。一昔前には考えられないことです。

一流になればなるほど、簡単そうに見える

さて全米オープンの中継を見ていて、思ったことがあります。

最終日、首位と6打差の14位からスタート。トップに迫る最終日のベストスコア「66」で回った松山選手のすごすぎるプレーの連続。

あんなに簡単にアプローチが寄るものだろうか?

あんなに簡単にパターが入るものだろうか?

それほど神がかったプレーぶりでした。

それで、ふと思いました。

ゴルフを全くやったことがない人がこれらを見たら、「ゴルフって簡単そうだな」と思ってしまうんじゃないかと。

ゴルフを少しでもやったことがある人から見れば、簡単そうにみえて全く簡単なことではないとわかると思います。

あのプレッシャー下で、それをやってのける松山選手はすごい、と脱帽しながら観戦するわけですが、ゴルフ未経験者が見たら「自分にもできそう」って思ってしまうのではないかと思ったわけです。

ゴルフってそういうスポーツなんだよなあ、とあらためて思いました。

一流になればなるほど、簡単そうに見えてしまう。

さすがに、力強さが見てとれるドライバーショットは、誰が見ても一流ってすごいな、プロってすごいなって思うでしょうが、アプローチとかパターなんかは、一流になればなるほど簡単に見えてしまうのではないでしょうか?

ここが他のスポーツと違う点ではないでしょうか?

ゴルフは特殊なスポーツ?

例えば、一流の野球を見れば、野球未経験者でも、あんなに速く投げれない、あんな速い球打てないって思うでしょう。

スキージャンプや柔道を見て、未経験者が安易に「私にもできそう」って思うことはないでしょう。

サッカーにしても、陸上競技にしても、テニスにしても、卓球にしても・・・・・みんなそう。未経験者から見ても一流プレーは超人技に見えますよね。

しかしゴルフはどうでしょう。

未経験者には、いまいち一流のすごさがわからないのではないでしょうか? ゴルフをやる前の私にはわかりませんでした。

こういうスポーツは他にあるかなと考えてみたのですが、アーチェリーとか弓道とかカーリングくらいじゃないでしょうか。

私はアーチェリーも弓道もカーリングも未経験なので、やってみたらできちゃうんじゃないかと、つい思ってしまいます。

実際は、難しいだろうとは想像がつきます。

ゴルフがそうだからです。

見た目より難しい、でもそれがゴルフの楽しさ

「やってみると見た目より難しいことがわかる、やればやるほど難しさがわかってくる」

当スクールでゴルフを始めた方々も、皆様同じような感想をおっしゃいます。

「なんで止まっているボールに当たらないんだろう」

「なんで2m先の10センチほどの穴にボールを入れるのがこんなにも難しいんだろう」

ゴルフをやってみてそういうことを実感してみて、プロのすごさがわかり、テレビ中継も見るようになりました、と初心者の皆様おっしゃいます。

本来なら、どう難しいのか、どう楽しいのか、言葉で説明できたらよいのですが、それこそ難しい。

もし見た目だけで、「ゴルフなんて簡単そう」と思ったら、身も蓋もない言い方ですが、ゴルフを始めてみてください。

やればわかります。ゴルフの難しさと、だからこその楽しさが。

だから、むしろ「見た目だけで、ゴルフなんて簡単そう、と思った人」こそ、ゴルフにハマる可能性が高いと言えるかもしれません。

さあ、まずやってみましょう! 知らない自分に出会えます!